豪華なボーナス&キャンペーン

【検証】XMが金融庁に無登録な理由と金融ライセンスの安全性は?

XMは日本の金融庁登録をしていない怪しい会社じゃないの?

XMをはじめとした海外FX会社を利用しようと思った時、この疑問が必ず思い浮かびます。

なので今回はXMがどんな会社なのか、なぜ日本の金融庁の許可を得ていないのかを詳しく説明していきます。

結論から言うとXMは日本の金融庁に登録してないからと言って怪しい会社ということは全くないです

XMは金融庁から警告を受けている

日本で金融商品の営業をするためには必ず金融庁の登録をする必要があります。

株式、FX、仮想通貨などいずれも例外なく無登録の業者には警告がなされます。

金融庁から警告を受けた内容

 

XMは金融庁に無登録で営業しているとして警告を受けているよ

 

令和に入って初めて警告を受けましたが、実はXMはこれが初めての警告ではありません。

以前にも金融庁から無登録営業しているとして警告を受けています。

警告の内容はこちらになります。

インターネットを通じて、店頭デリバティブ取引の勧誘を行っていたもの

金融庁の無登録業者に対しての注意喚起

つまり警告内容としては日本人にFXの勧誘を無登録で行っていると指摘しています。

海外FX会社はほぼ全て警告を受けている

海外のFX会社は基本的に日本の金融庁の登録を行っておりません。

そのため、XMだけでなく他の海外業者も金融庁から警告を受けています。

こちらで警告を受けた業者名一覧が掲載されています。

▶️ 金融庁無登録業者一覧

XMが金融庁に無登録な理由

金融庁に無登録な理由
  1. ゼロカット(追証なし)ができなくなる
  2. レバレッジに制限がかかる

ゼロカット(追証なし)ができなくなる

金融庁に登録するためには追証を規約として設ける必要が出てきます。

XMは追証が発生しないゼロカットを導入しています。

これを排除してしまうと、XMからユーザーが離れてしまいかねません。

 

追証が発生しないというメリットは思ってる以上に大きいんだよ

 

レバレッジに制限がかかる

XMは888倍という桁違いのレバレッジを提供していることで有名ですが、金融庁の管轄になるとこれが25倍にまで制限がかかります。

仮想通貨ではレバレッジが上限2倍になり、FXでは上限10倍にするという話も出てきています。

今後ますますレバレッジの規制は強くなるため、レバレッジをかけた取引をしたい人にとっては金融庁に登録することで使うメリットがなくなってしまいます。

 

レバレッジ最大888倍

XMの金融ライセンスは安全性が高い

XMとXMTradingは保有するライセンスが違う

XMTradingXM
運営会社Tradexfin LimitedTrading Point Holdings Ltd.
所在地セーシェルキプロス
ライセンスFSACySec

XMとXMTradingはグループ会社は同じですが、保有する金融ライセンスが異なります。

XMとXMTradingの違いについてはこちらの記事が参考になります。

XM、XMTrading、XMGlobalの違いをわかりやすく解説

我々日本人が利用しているXMTradingの方はセーシェルの金融ライセンスを取得しています。

▶️ XMTraidng公式サイト

XMは信頼性の高いライセンスを複数取得

XMは複数の国で信頼性の高い金融ライセンスを取得しており、信頼性では海外FXでナンバーワンと言われています。

信頼性が高いライセンスベスト5
  1. FCA(UK Financial Conduct Authority)
  2. CySec(Cyprus Securities and Exchange Commission)
  3. NFA(United States National Futures Association)
  4. ASIC(Australian Securities and Investment Commission)
  5. FINMA(The Swiss Financial Market Supervisory Authority)

ソース:Best Forex Broker Licenses

これが世界でも取得難易度が最も高いライセンスと言われていますが、XMではこのうち3つを取得しています。

セーシェルライセンスの安全性

XMTradingではセーシェルライセンスを取得していますが、XMが取得しているライセンスよりは信頼性の部分では正直低いです。

しかし、取得難易度が低いライセンスを取ってわざわざXMTradingという別ブランドを立ち上げてまで運用するにはワケがありました。

それは金融庁の圧力からXMの厳しいライセンスで営業することが難しくなったからです。

XMTradingの誕生についてもっと詳しく知りたい方はこちらを参照ください。

▶️ XMTradingが誕生した背景

XMTradingがセーシェルのライセンスだからと言ってサービス内容や安全性がXMと大きく異なることはありません。

XMTradingとXMは同じグループ会社なので、安心して利用することができます。

 

口座開設で3000円ゲット

XMが金融庁に無登録でも安全な理由

 

XMが安全な理由
  • 運営歴が長い
  • 金融ライセンスを複数取得済み
  • 倒産リスクが低い
  • 賞をいくつも受賞している

運営歴が12年と長い

XMTradingの会社概要
運営会社Tradexfin Limited
設立2009年
ライセンスセーシェル(FSA)
口座開設者数100万口座以上
資金管理分別管理

XMは2009年に設立され、運営歴は10年以上になります。

日本だけでも100万口座以上開設されており、FXをしてる5人に1人はXMを利用していると言われています。

運営歴が長く海外でも最大手のため、倒産リスクも他社より圧倒的に低いです。

XM紹介動画

XMの紹介動画も公開されていて、どんな会社かこちらで確認ができます。

会社の雰囲気はとても楽しそうですね。

数々の賞を受賞

XMは世界的にみても多くのFXに関する賞を世界中で受賞している取引所になります。

最近ですとロンドンで開かれた“2020年ベストFXサービス提供会社賞”というロンドン証券取引所が後援する団体の賞を2年連続で獲得しています。

その他にも数多くの賞を受賞しており、国内取引所と比較してもこれほど賞を受け取っている国内の取引所はいないです

▶️ XMの賞受賞経歴一覧

XMの金融ライセンスの安全性まとめ

XMの会社についてまとめてきましたが、XMという会社がクリーンで信頼性のある取引所というのはわかっていただけたかと思います。

しかしその一方で日本の金融庁のライセンスを取っていないのは不安と思う方ももちろんいらっしゃると思います。

そういう方達は日本の国内取引所を今後も継続して使っていくべきだと思います。

不安を抱きながらトレードするのは精神的にもあまり良くありませんので。

反対に日本政府と海外の法人のいざこざで6年以上何も起こってないし、XMのサービスの方がどう考えてもトレーダーにメリットがあると考える方はXMをおすすめします。

XMの口座開設で3000円を受け取る
XM公式ホームページ
XM公式ページ