豪華なボーナス&キャンペーン

XMはDD方式とNDD方式のどっち?仕組みとメリットデメリットを徹底解説

 

よく海外取引所はNDD方式だから安心とかって聞くけど、実際方式についてよくわかっていない人が大勢だと思うんだ

 

今回はその疑問と実際どちらを選択すればいいのかを現役トレーダーが詳しく説明していきたいと思います。

これを読めば海外取引所と国内取引所の決定的な違いが一発で理解できます!

ちなみにXMはNDD方式を採用しています

DDとNDD方式の違いって何?

 

FX取引所には大きく分けて2種類の取引方式というのを採用しています。

一つ目はDD(ディーリングデスク)方式。もう一つはNDD(ノンディーリングデスク)方式です。

ディーリングとは簡単に直訳すると、売買とか取引と言う意味です。

デスクは日本語で机という意味です。

簡単に直訳するとDD方式はこの取引するデスクに座る人間が存在している方式、NDD方式はデスクが存在しない取引方式となります

詳しい説明はこのあとしていきます。まずは概要をつかんでもらうためにイラストを出してみました。

 

 

国内取引所はDD方式を採用し、海外取引所はNDD方式を採用している傾向があるよ

 

DD方式の特徴:国内FX取引所に多い

DD方式はディーラーが介入する

 

国内取引所のほとんどで採用されているこのDD方式はOTC取引(相対取引や店頭取引)の根本となるシステムになります。

上の図のようにDD方式はトレーダーの注文をディーラーが処理しています。

通常、ドル円などの為替のレートというのは世界中の金融機関(銀行、ヘッジファンド、投資信託など)が取引をしてその合意した価格がインターバンクと呼ばれる市場で反映されます。

 

インターバンク市場とは?
インターバンク市場とは金融機関同士の資金調達や取引、決済を行う市場のことです。通常金融機関だけがこの市場で取引を行う権限があり、その他の取引は短資会社が仲介を担うことで可能になります。

 

しかし、DD方式はインターバンクに注文を流さず、FX会社内で注文を完結している場合があります。

 

これだけ聞いても理解するのは難しいと思うから競馬を例にして説明するよ

 

競馬を例にしたDD方式

 

この例はDD方式をもっとわかりやすくするために競馬を例に説明しています。

女性が競馬で勝負するために男性に馬券を買ってもらうようお願いしています。

 

 

男性は馬券の購入をお願いされますが、4番の馬が首位になることはないと予想し馬券を買わない選択をします。

 

 

結果は男性の予想通り、4番馬は優勝することができませんでした。

 

 

この結果、男性は10万円を預かっただけで実際に馬券を買うことなくそのまま利益を得ることができました。

競馬やFXは基本負ける確率が高いので、このような方式を採用しても業者は利益を得られるようになっているのです。

加えて顧客の全注文状況もFX業者は把握できるので、FXの場合はこの例よりも更に有利に働きます。

この顧客から注文を受けたのに実際は馬券を買っていないことをFXでは呑み行為と呼んでいます

 

DD方式のメリット

正直DD方式のメリットって顧客側からはほとんど見当たらないんだ。強いていうなら下のスプレッドくらい

スプレッドが狭い

DD方式のメリット
  • スプレッドが狭い

DD方式では顧客の買い注文や売り注文をインターバンクに全て送る必要がなく、FX業者が儲かりそうな相場の時顧客の注文をカバーせず呑んでる場合があります。

FX会社内で注文を処理できてしまうため、インターバンクへの注文コストが掛からずスプレッドも狭く設定できます。

なので国内取引所のほとんどはこのDD方式を採用していることから狭いスプレッドで提供できているのです

DD方式のデメリット

DD方式のデメリットはなんと言ってもFX会社との相対取引になってしまうところ!

 

DD方式のデメリット
  • 約定拒否が起こる可能性
  • トレーダーが不利な立場
  • FX会社とトレードオフの関係
  • 注文内容のブラックボックス化

約定拒否が起こる可能性

DD方式はレートが急激に変動した時などトレーダーの注文をカバー取引するディーラーが必要になります。

そのディーラーの処理数が注文に対して足りなかったり、不都合なレートで注文があったりなどすると約定拒否を起こす可能性があります。

DD方式を取り入れている国内取引所などでは頻繁に約定拒否(リクオート)などの問題がTwitterなどで挙げられています。

約定拒否とは?
FX業者が顧客の出した注文レートの約定を拒否して、再度レートを提示してくることを指します

トレーダーが不利な立場になる

国内FX取引所は初めに説明した通り、トレーダーと相対取引を行っているため顧客の注文を自由に処理することができます。

◯◯ショックなどでドル円が大暴落など起こったとき顧客の注文をあえて拒否したりもできるようになっているのです。

何故こんなことをするのか次で詳しく説明いたします。

FX会社とトレーダーがトレードオフの関係

DD方式ではトレーダーが儲かればFX会社が損をし、トレーダーが損をすればFX会社が儲かるというトレードオフの関係にあるよ
DD方式の特徴
トレーダーFX会社
儲かれば損する
損すれば儲かる

DD方式ではデスク内でトレーダーの注文をカバー取引しています。また、FX業者が勝てそうな相場の場合はカバーせず顧客の注文を呑む場合があります。

これはトレーダーとFX会社が直接取引になり、上の表のようなトレードオフの関係になるのです。

トレーダーが儲かればFX会社が損をする。FX会社はスプレッド操作も約定拒否もできて顧客の注文内容が丸見え。国内の人気FX会社はどこも黒字。

もうどちらが有利に働いているかいうまでもないですね。

注文内容のブラックボックス化

DD方式はその名の通り取引にデスクが存在し、その中で顧客の注文がどのように処理や約定されているのか我々トレーダーには知る由もありません。

試しにGoogleで『カバーディーラー 求人』で調べてみてください。国内取引所にはディーラーが存在しているということの証明になります。

つまりDD方式はシステムそのもの自体がブラックボックス化され、FX会社の思い通りに作り込まれている可能性が非常に高いのです

海外ではDD方式の会社は登録されにくい傾向にあるためNDD方式を採用するというのが常識になっています。

国内業者のカバー率は大体7~8割程度と言われています。残りの2~3割は呑み行為をしておりインターバンクへ注文をせず顧客が負けたお金を待ち望んでいるのです。

NDD方式の特徴:XMが採用

NDD方式とはノンディーリングデスクと呼ばれている通り、取引にデスクを用いずそのままトレーダーの注文内容が直接インターバンクに自動で流れるようになっています。

NDD方式を採用しているFX会社は提携している何十社もの金融機関がインターバンク市場を経由して提示したレートの中で最も適切な価格を選んでトレーダーにレートを提供しているというシステムになります。

XMを含めたほとんどの海外FX取引所はこちらのNDD方式を採用しており、海外でもDD方式を採用したブローカーは存在しているのですが、圧倒的にNDD方式を採用しているブローカーの方が人気となっています。

 

ここをクリック

XMが採用するNDD方式のメリット

NDD方式の最大のメリットはなんと言ってもFX会社がトレーダーの注文に介在しないことだよ!

 

NDD方式のメリット
  • 透明性が高い
  • 約定拒否が起こりにくい
  • トレーダーとブローカーがwin-winの関係

透明性が高い

NDD方式はトレーダーの注文をインターバンクに直接流すいわば自動の仲介人のような役割を果たしています。

DD方式のように顧客の注文をディーラーがブラックボックスの中で処理することなく無加工でインターバンクに買い注文や売り注文等の情報を送るため、

非常に透明性が高い仕組みと言われております。

約定拒否が起こらない

約定拒否が起こるDD方式と違い、NDD方式は顧客の注文をインターバンクに流すだけなので約定拒否ということが基本起こりません。

むしろリクオートを起こすことによるメリットがDD方式に比べて全くなく、

信頼を落とすだけなのでどこのブローカーもここにはかなり気を付けているようです。

リクオートがある取引所で追証がある取引所を選んでしまうと最悪の場合借金になるリスクもあるので注意してください。

詳しくはこちらで追証の怖さについて解説しています。

【追証なし】XMは借金リスクがなくて国内FX業者より安全な理由

トレーダーとブローカーがwin-winの関係

トレーダーとFX会社がトレードオフの関係であるDD方式とは違い、NDD方式はトレーダーとFX会社がwin-winの関係にあるのが信頼性の高い理由の一つになります。

DD方式ではトレーダーの損失がそのままFX会社の利益につながるため、手数料を取る必要はなくスプレッドも狭いです。

一方でNDD方式では顧客の取引内容をインターバンクに流し、その仲介手数料として売り上げを得ているビジネスモデルになるのでスプレッド手数料が唯一の収入源になります。

ですのでトレーダーにはたくさん取引で勝ってもらい、証拠金を増やして取引量も増えれば、その分ブローカーにも手数料が多くはいるというwin-winの関係になっています

反対にトレーダーが負けて証拠金が減れば取引量も減り、ブローカーの売り上げも減っていくという関係です。

XMもこのNDD方式を採用しており、非常に透明性が高く約定拒否も起きないことから海外で人気No.1の取引所になっています。

XMはボーナスも他社と比べ圧倒的に豪華なので是非一度利用してみてください。世界が変わると思います。

【2021年】XMのボーナス&キャンペーンが豪華すぎ!受け取り条件を徹底解説

 

ここをクリック

XMが採用するNDD方式のデメリット

NDDのデメリットはDD方式のメリットと相反するね

スプレッドが広い

NDD方式のデメリット
  • スプレッドが広い

NDD方式採用のFX会社は仲介手数料のスプレッドのみでビジネスを行っているため、

国内のような異常なスプレッドの狭さには勝てません。

スプレッドを重視するのであれば、国内取引所がおすすめになります。

しかし、このスプレッドの狭さだけで国内取引所を選んでしまっている方は残念ながらカモにされてしまっています。

DD方式はどう頑張っても必ずFX会社が儲かるように仕組まれているからです

【徹底比較】XMのスプレッドは広すぎるのか確認してみた

DD方式とNDD方式についてのまとめ

インターバンクに全て直接注文内容が流れるのはNDD方式だ!
ビジネスモデルの比較
NDD方式DD方式
取引スタイル取引所取引相対取引
ビジネスモデル取引手数料トレード利益
顧客が勝てば✖️
顧客が負ければ✖️

DD方式とNDD方式どちらを選択していけば良いかいろいろ解説してきましたが、

今後本格的にFXで稼いで行きたい人は絶対にNDD方式を採用しているブローカーを選択するべきです。

不利な環境でトレードしていればいくらあなたのトレード能力が高かったとしてもFX業者にお金を呑みこまれてしまいます。

海外の業者が怖くて遊び程度のお金で負けてもいいやくらいの考えの人は国内取引所を選ぶ方がストレスなくて済みます。

しかし、この記事を読んでいる方は少なくともFXについてある程度の知識がついてきて本格的に勝ちたいと思った方だと思います。

この機会に是非NDD方式を採用したブローカーを選択することを検討してみてはいかがでしょうか?

 

NDD方式はさらにSTPとECNという2つの種類に分類されるよ!詳しくは下の記事をチェック

 

XMはSTPとECN口座どっちがおすすめ?それぞれの特徴と違い
XMの口座開設で3000円を受け取る
XM公式ホームページ
XM公式ページ